建設コンサルタント 構研エンジニアリング

HOME サイトマップ

技術紹介−微地形合成図化システム

HOME > 技術紹介 > 新たな技術活用の提案 > 微地形合成図化システム

安全に、短時間で得た3次元の
詳細な地形情報を防災設計に活かす

○安全な調査

  • 災害現場・急峻な斜面等、到達不可能な箇所の調査が可能

○迅速な調査・把握

  • 地上でのモニタリングが可能であるため、現地状況を迅速に把握でき、容易な作業計画の立案が可能
  • 調査時間は短く、写真撮影+α程度
  • 実機ヘリが飛行できない天候でも撮影可能
ステレオ撮影用ラジコンヘリ写真

正確に短時間で3次元
データが作成可能!


測量箇所イメージ

従来の測量データと比べ、より詳細な地形情報を把握

従来、レーザープロファイラや写真測量単体の測量データで防災構造物の設計が行われていました。このシステムでは、ラジコンヘリを使用した空中写真測量を行い、既存の測量地形図と合成することで、より詳細な地形情報を把握でき、より確実な構造物の設計を可能にしました。

ステレオ撮影用ラジコンヘリ
高画質小型デジタルカメラ
自動座標算出システム
撮影用ラジコンヘリ
高画質小型デジタルカメラ
自動座標算出システム

この技術は、株式会社ジオリサーチとの業務提携により、実現しました。

安全な測量作業が可能になります
従来の測量調査では、危険な斜面等に基準点を設置したり、直接地形を測量したりする等、危険を伴う場合がありました。また、人を現場に立たせるための安全確保など時間がかかっていました。ラジコンヘリによる空中撮影は、人が入り込めないような危険な箇所の測量も容易に行えます。
安全な測量作業
ラジコンヘリ
ラジコンヘリ

 

短時間できわめて詳細な3次元データが作れます
現地測量の必要がなく、デジタル写真であるため、従来に比べて、時間が大幅に短縮できます。
3次元画像解析の専用ソフトを使用することで、短時間で写真解析・図化ができ、鳥瞰図や断面図、面積体積計算などもわずかな時間で行うことができます。
ジオラマ
鳥瞰図
鳥瞰図(写真付)
鳥瞰図
鳥瞰図(写真付)
各種断面作成
土量算出
各種断面作成
土量算出

微地形合成図化は、こんな場面で有効活用ができます

■ダムで利用可能

a

◎災害発生場所・二次災害の危険が伴う箇所での早急な調査
◎調査員が接近困難な急崖斜面での調査
◎航空写真測量では困難な細部・陰部の調査
◎ダムにおける現況調査
◎高架橋などや構造物裏面の調査


危険が伴うなどのために、これまで詳細な確認ができなかった地形を把握することで、より高度な災害対策・防災対策に役立てることができます。

■高架橋で利用可能

a

Copyright (C) 2002-2015 KOKEN ENGINEERING Co.,LTD.