高精度GPS 移動計測装置

一度の走行で、360°パノラマ動画と高精度3次元地理空間データを取得
  • 360°全方位撮影カメラとGPS を組み合わせたシステムを車に搭載し、路上を一度走行するだけで、全方位に視点を切り替えられる動画と、高さや幅の計測が可能な3D 地理空間データが取得可能。
  • 緊急性が求められる災害復旧の現場にて、迅速な被災状況の把握が可能。
  • 自治体や地域住民への説明会などに360°パノラマ動画を用いて説明することで、縦横断図だけでは伝えづらい視覚的なイメージを共有することが可能。
360°パノラマ動画

360°パノラマ動画

3D 点群データ

一つ一つの点が3次元座標を持つため、高精度の計測が可能

3D 点群データ

【従来手法の課題】

  • 沿道での作業が多くなるため、安全性の確保に課題
  • 地域住民への配慮やトラブルの発生
  • 交通規制が必要な場合は、関係機関との協議・手続きが発生。道路利用者への影響も大きい
  • 作業にかかる日数、人数、費用が大きい

【本手法によるメリット】

  • 沿道での作業を極力低減でき、安全性向上、事故防止、地域住民への配慮やトラブル回避の効果が期待できる
  • 交通規制を必要としないため、協議・手続きが必要ない
  • 一度の走行でデータの取得が可能なため、作業日数、人数、費用を極力低減することが可能
センサーユニット(カメラ、スキャナ、GPS 等)

センサーユニット(カメラ、スキャナ、GPS 等)

この技術は、株式会社ジオリサーチ、株式会社サテライトブリッジとの業務提携により、実現しました。

データの取得方法

観測イメージ
観測データイメージ
後処理解析イメージ
活用分野イメージ

高精度GPS 移動計測装置は、こんな場面で活用できます

360°パノラマ動画

360°パノラマ動画【前方】

【前方】

360°パノラマ動画【右側方】

【右側方】

360°パノラマ動画【左側方】

【左側方】

360°パノラマ動画【後方】

【後方】

画面内の任意の3 次元座標を計測

画面内の任意の3次元座標を計測

道路調査・標識調査等

道路調査・標識調査等

地図と映像の連動(GIS ソフトとの統合)

地図と映像の連動(GIS ソフトとの統合)

道路断面と道路縦断図

道路断面と道路縦断図

高精度GPS 〜活用事例〜

  • GIS ソフトと統合し、データベース環境を共有することで、地図と映像の連動が可能
  • 画面内の任意の2 点間の距離を計測可能
  • 3 次元地理空間データより、簡素な道路縦横断図の作成が可能
  • 道路の桝位置や標識などの判別が可能
  • 災害時の被災状況を360°動画で把握可能
  • 自治体・地域住民への説明資料として活用可能

高精度GPS移動計測装置 紹介動画

ページトップへ