お知らせ

新型コロナウイルス対策として実施している時差出勤、在宅勤務の延長について

2020.03.19

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として、当社では、時差出勤および在宅勤務を実施しておりますが、3月11日にWHO(世界保健機関)がパンデミックと捉えて世界各国に対し適切な対応を行うよう呼びかけました。
 政府においても、急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期であり、警戒を緩めることのないよう要請がなされています。
 北海道は、知事が3月18日に記者会見し、20日以降は「危機克服に向けて戦う新たなステージに移行する」と述べ、社会経済活動の回復を図りつつ、日常的に感染リスクが高い場所への外出を自粛するよう道民に呼びかけました。
 当社は、これらの状況を踏まえ、社内に設置した緊急対策本部において、現在実施している感染拡大防止に向けた対応を、次の通り延長することを決定いたしました。


時差出勤、在宅勤務を令和2年3月31日まで延長して実施する。


 関係各位にはご不便をおかけいたしますが、関係各位ならびに当社職員の健康に配慮し、かつ業務の安定的・継続的実施を担保するため、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ